新着情報

  • HOME>
  • 新着情報>
  • 砥部焼モニュメント設置(砥部町千足を通る国道33号線中央分離帯)

砥部焼モニュメント設置(砥部町千足を通る国道33号線中央分離帯)

更新日:2014年8月20日

 砥部焼モニュメント33号線.jpg 平成26年8月20日、国道33号線の中央分離帯に砥部焼モニュメントが設置されました。
 砥部町千足地内を通る国道33号線の延長225メートル間に、大きさ65センチメートル立方体のつぼ型砥部焼モニュメントが設置され、成形はすべて八瑞窯(白潟八洲彦氏)、絵付けは下記窯元です。
 ※危険ですので、中央分離帯には立ち入らないでください。

「砥部焼モニュメント」
(砥部町役場から設置されている順番に掲載しています)  砥部焼モニュメント1.jpg

青達窯(西岡達郎氏)

砥部焼モニュメント2.jpg

すこし屋(松田知美氏)

砥部焼モニュメント3.jpg

大西陶芸(白石久美氏)

砥部焼モニュメント4.jpg

西岡工房(西岡一広氏)

砥部焼モニュメント5.jpg

きよし窯(山田ひろみ氏)

砥部焼モニュメント6.jpg

陶彩窯(長戸純子氏)

砥部焼モニュメント7.jpg

竹山窯(中元栄治氏)

砥部焼モニュメント8.jpg

緑光窯(亀田茂樹氏)

砥部焼モニュメント9.jpg

梅乃瀬窯(佐賀しげみ氏)

 砥部焼モニュメント10.jpg

春秋窯(工藤省治氏)

ページの先頭へ