特産品

砥部焼の工程

陶石(とうせき)
陶石(とうせき)
砥部焼の主な原料は上尾峠(うえびとうげ)産の粗面岩質安山岩(そめんがんしつあんざんがん)の陶石化したものです。
採石場(さいせきじょう)
採石場(さいせきじょう)
町内川登(かわのぼり)・万年(まんねん)・扇谷(おうぎだに)・弘法師(こうぼうし)・満穂(みつほ)・上尾(うえび)にあります。
製土(せいど)工場
製土(せいど)工場
地元産の陶石に他の産地の原料を混ぜ、坏土(はいど)(やきものの材料となる土)作りをします。
土練機
土練機
圧縮調整した坏土の空気を抜くため、真空土練機を使います。
ろくろ成型
ろくろ成型
指先の勘(かん)で、坏土を均一にしながら厚さを一定にする熟練のいる仕事です。
土練機(どれんき)
土練機(どれんき)
成型後、生乾きの時に削ったり、サンドペーパーで磨いて仕上げます。
乾燥
乾燥
天日や余熱利用で乾燥させます。
素焼(すやき)
素焼(すやき)
窯に入れ、900℃~950℃で、8~10時間かけて焼きます。
下絵付(したえつけ)
下絵付(したえつけ)
主に手描きで絵模様をつけます。
施釉(せゆう)
施釉(せゆう)
うわぐすりがけ 下絵付したものの上に釉薬(ゆうやく)をかけます。
本焼
本焼
施釉したものを1300℃で15~24時間かけて焼きます。
完成品
完成品
赤絵草紋(そうもん)(左)・染付唐草(そめつけからくさ)(右)
ページの先頭へ